気ままにプログラミング(仮)- iPhoneアプリ開発者の日常

何でもないアプリ開発者の思いつきやら開発メモやら。ときどきエセ哲学風なことを書きたがるのはご愛嬌。

英語を聞き取れない理由と聞き取る方法

RSSリーダー

例えば日本語で突然、

「この間、 ばるだす が やべるで して みろまった よね?。」

と言われても、まず「え?」と聞き返すことでしょう。

この場合、
「ばるだす、やべるで、みろまった」の3単語が分からないからです。
音として聞こえたとしても、脳は単語に置き換えられないため、聞き取れなくなります。


次に、
「ばるだす、やべるで、みろまった」の3単語を知ってはいたけど、
発音を間違って覚えていたとしましょう。
「わるたす、よべるど、むろもった」のように。

恐らくこれでも、瞬時には脳はその単語を識別できず、聞き取れないことでしょう。

「この間、(略)」
「え?」
「ばるだすだよ!」
「ばるだす?」
「ばるだすだって!」
「・・・わるたす??」
「そう、ばるだす!」

こんな感じでしばらく問答してから識別できるでしょうね。
そして彼は「ばるだす=わるたす」と学習できたので、
今後は識別できることでしょう。

ということで、

単語を知っていても、正しい発音で知らなければ、その単語は聞き取れません。

ということで、どうすれば英語を聞き取れるようになるかと言うと、

最初から正しい発音で単語を学習すること

になるかなと思いました。

日本人の多くの人が聞き取りが苦手な理由が、
単語を正しい発音で覚えていないためと考えると、
個人的には大いにうなずけます。

具体的にどうするのが正しい発音で単語を学習する近道かまでは
まだ考えていませんが、
単語の発音を十分に意識することが、
英語を聞き取る上で大切なんじゃないかなと思いました。

広告を非表示にする
// GoogleAnalyticsでイベントをトラックするための設定2/2