気ままにプログラミング(仮)- iPhoneアプリ開発者の日常

何でもないアプリ開発者の思いつきやら開発メモやら。ときどきエセ哲学風なことを書きたがるのはご愛嬌。

環境を変えると人は変わる

RSSリーダー

人は影響を受けやすく、流されやすいものである。
だから環境を変えることで影響を与え、感情を流せば人は動くようになる。

環境とは、自分の意識の外側にあるもの全て。
家や職場や友人など自分の周囲のものだけではなく、自分の外観、体調、知識、経験、トラウマ、思い込み、信念なども、自分に影響を与える環境の一つと言える。

よく『全て自分原因説』というものを聞くが、その一つ手前の状態が『全て環境原因説』と言えるのではないだろうか。

人の意識や行動は、環境次第であると言っても過言ではないだろう。
例えば図書館では作業が捗るが、自宅では気が散りやすくなる。

そういった環境を、望む通りに変えられるのが自分である。
人には環境を変える力がある。

それを行わなかったという意味で、『全て自分が原因である』と言えるだろう。

==============================

人は周囲の影響を受け変わっていき、それが人の面白いところでもあるが、人によってはもどかしいところでもある。

自分の思った通りに行動できないのは、自分の周囲の影響を受けているからとも言える。

ではどうするか?

先ほど環境の一つに信念を上げた通り、信念もまた自分に影響を与える。
だから、自分が決してぶれないような強固な信念を自分に与える。
すると、相対的に周囲からの影響は少なくなり、自分の思った通りの行動を取れるようになってくる。

現況を打破したい場合は、まず強固な信念を自分の中に作り、自分に望ましい影響を与えるようにすること。
次に、それ以外の周囲の環境を望ましいように改善していくこと。

自分を含めた環境が全て望ましいように変化するにつれて、自分の置かれている状況が刻一刻と変わっていくことだろう。

==============================

と、思いついたことを書けば書くほど、それがそのまんま最近聞いたことであることに気づき驚愕(笑)

広告を非表示にする
// GoogleAnalyticsでイベントをトラックするための設定2/2