気ままにプログラミング(仮)- iPhoneアプリ開発者の日常

何でもないアプリ開発者の思いつきやら開発メモやら。ときどきエセ哲学風なことを書きたがるのはご愛嬌。

主なiPhone/iPadの壁紙サイズ一覧まとめ

RSSリーダー

最近の主なiPhone/iPadの壁紙サイズについてまとめてみました。


機種 サイズ サイズ(視差効果あり)
iPhone5/5S/5C 640×1136px 744×1392px
iPhone4/4S 640×960px 740×1196px
iPad mini/2 768×1024px 1424×1424px
iPad Retina/Air 1536×2048px 2448×2448px


サイトによって多少誤差があるようなんですが、
恐らくこれが正しかろうというサイズが以上になります。

そしてこの視差効果って言うのがくせ者ですね。


視差効果とは?


視差効果とは、iOS7から実装された機能で、
ディスプレイより大きい画像を壁紙に設定することで、
アイコンが壁紙から浮かんでいるように見せたりしています。
(他にも何かしているようですが割愛)

よく分からない方は、
iPhoneのホーム画面を表示して、
iPhoneを縦や横に少し傾けてみて下さい。

ちょっと背景が動きませんか?
それです。

地味すぎてほとんど知っている人がいないと思われますw


結局どの画像サイズが必要?


基本的にiOS7以上の人は視差効果ありのサイズ。
iOS6以前の人は視差効果なしのサイズの画像を用意すれば良いと思います。

iOS7でも視差効果なしにすることもできるので、
どうしても以前のサイズが良いって方は、

設定->一般->アクセシビリティ->視差効果を減らす(オンにする)

という手もあります。


写真を壁紙サイズに変換するiPhoneアプリ


ちなみにiPhoneiPadで撮った写真などから、
ぴったり壁紙サイズの画像を作成するアプリがあります。

というか作りましたw

その名も、
iPhone/iPadで撮影した画像をそのまま 壁紙サイズに加工/変換 -写真壁紙- 視差効果にも無料でぴったりに作成』

無料なんで良かったら使ってみてくださいませ!!(これが言いたかったw)

ダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/iphonede-cuo-yingshita-hua/id863094731

f:id:Rusie1001:20140517131720p:plain

広告を非表示にする
// GoogleAnalyticsでイベントをトラックするための設定2/2